e0171976_2216194.jpg

 
みなさん、トイレは和式ですか?それとも洋式派??
  
 今日の話題はもっぱらその”和式トイレ”について。(いちおーお料理ブログですが、笑 )

先日行った新年会で、集まったメンバーでそれぞれ新年の抱負を語りあっているとき、
美しい44歳、ダンサーのミナルさんが突然”  今年はトイレ改善計画をやるわ!”と
いい出した 。
 
 ミナルさんいわく、ダンスを教えていると、10人に一人くらい、和式トイレのときにやる
あのう○こずわりができない人がいるそうな。どうもアキレス腱のあたりがのびないらしい。

で、やっぱりそれはこれだけ洋式の暮らしが普及して、生活の中で
あの”動き”をする必要がなくなったからではないかと考えたそう。

そして、なにより自分の体からでて、重要なもののはずなのに、
何もなかったかのように、あっというまにレバー一つで便器の奥に消え去ってしまう不自然さが、どうも気になっていたそうな。
 
で、皆で、やっぱり和式や昔ながらのぽ○○トイレは、それだけで人間の本能を鍛えるのに
十分価値のあるものではないのか!!!!!

普段は楽にきれいに暮らして、運動不足だからといってジムにいくんじゃなくて、
やっぱり昔ながらの生活を、もっと暮らしの中に生かした方が
、未来の子どもたちにとってもいいんじゃないか。 

ってことを、熱く語り合いました。
  
で、 この壮大な計画は
1、花柄の便器(もちろん和式)を作る。→おトイレタイムが楽しくなるような♪
2、周りが草原になった個室を作る。 →古代の記憶を呼び覚ますため
3、 心斎橋大丸のトイレを実験的にそういうトイレにしてもらう
4、この企画をTOTOに売り込む

 なんてとこまで話は大きくなり、もしかしたら今年中に実験するかもしれないそうです。
ほんとに皆めちゃ真剣でした。

☆本気でアイデア募集しているそうなので、もし
こんなトイレあったらいいなってのがあったら、コメントくださーい。

 ///////////////////////////////////
で、帰ってからトイレについて調べていたら、気になったのが
 
 *おがぐずトイレ
どうも、ヒーターでおがぐずを温めて水分は蒸発させて、あとは微生物に分解してもらう仕組みのよう。
※実際に正和電工という会社で実際に製品化 されているようです。(日系BPの記事より)

そこで気になったのが、今、大地震の被害に苦しむハイチ。
実際にこの正和電工さんも災害時を 視野にいれて開発されているようです。

ここ、神戸も 17日には震災のセレモニーがおこなわれた時期とほぼ重なったため、ハイチのニュースも
興味深く見ていますが、いったいトイレや生活に本当に必要なものはどうなっているのでしょう?
  ユニセフのページ

///////////////////////////////////////////
洋式便所がこれだけ普及して、ついつい楽な方へ、きれいな方へ、その方がかっこいいから。。と流れてしまいがち だけど、本当に必要な時に私たち人間が必要なものって、意外と昔からあったり、
 身近にあるものなのかな、と 。
 トイレって、「あって当たり前」な生活になれているけど、
実は根本的なことが隠されているのかもな、と思いながら 
 


とりあえず今日は ウチの便器をピカピカにみがきました。

 
まだ生駒新年会の話題、続きまーす。
 
[PR]
# by taelalala | 2010-01-19 23:04 | Everyday 毎日のこと

なかなか寒すぎて、更新ができない今日この頃。
かたつむりのように布団から這い出て、昨日は生駒まで新年会に出かけてきました。

”天空オーケストラ”というミュージシャンを通してつながった仲間の新年会へ
晴れてめでたくゴールインとなった、さっちゃん&バンブーハウスにて。

久しぶりのおうちパーティーで、前日からレシピ本をあれこれ引っ張りだしては、
あれでもない、これでもない。。と頭を悩ませながらも楽しいひと時をすごし、
結局はスーパーで見つけた材料と家にあったもので即席マッシュポテトと
サトイモと菜の花の豆乳キッシュを作っていきました。

今日はそのハーブの香りのするMushed Potatoを紹介します↓
e0171976_20311096.jpg


<Recipe レシピ>
生クリーム・・100cc
ローズマリー・・大さじ1(人差し指の長さ程度のものを、一本)
バター・・・100g
じゃがいも・・400g
にんにく・・1片
塩、胡椒


<作り方>

1、生クリーム、ローズマリー、にんにくを小鍋にいれ、火にかける。
→にんにくを生クリームで煮ることによって、にんにくの臭みをとり、同時に火を通します。

2、じゃがいもをたっぷりのお湯を沸かしてゆでる。
→串がすっと通るくらい

3、じゃがいもがべちゃっとするようであれば、一旦茹で上がったじゃがいもを
鍋に戻して、粉ふきの状態にする。
→水分を飛ばすことで、ほくほくと仕上がります♪

4、アツアツのじゃがいもに、バターを細かく切ったものを混ぜ、
しっかりとつぶす。

5、1の生クリーム&にんにくを混ぜ合わせ、塩コショウでしっかり味をつける。

☆1で使ったローズマリーは刻んで加えても、
取りのぞいてもどちらでもOKです。
品種によっては、強く香りが出すぎることがあるので、
ほどほどに使うのがおすすめ。写真↑は、ちょうど絞り袋とアメリカに行った時に買った
ペーパーカップがあったので使ってみました。


そうそう、このローズマリー。

買ったときはこんな感じだったのが・・↓
e0171976_2056797.jpg

いつのまにやら、こんなに大きく。↓
e0171976_20561479.jpg



我が家のほんとに小さなベランダでも、寒さにもめげずにすくすく育っているローズマリー。
このマッシュポテトは、ポテトとローズマリーの相性の良さを体感できる、
そして、そして
お手軽です。ぜひお試しあれ。


p、s 生駒新年会のこと、またゆっくり書きまーす。
[PR]
# by taelalala | 2010-01-18 21:11

先月、長崎から届いた”ざぼん”。長崎産の、顔の大きさほどもあるみかんの仲間のようなもの。
”ブンタン”っていう呼び方もあるらしいです。
e0171976_8514472.jpg

切るとこんな感じ↓味は、グレープフルーツと、はっさくを掛け合わせたような味。
このぶあつーい皮をむいて、ことこと砂糖漬けにして、”ザボン漬け”をよく母が作っていました。
e0171976_8515620.jpg

お店で、妹分、りこちゃんとパチリ。
e0171976_8522684.jpg

[PR]
# by taelalala | 2010-01-11 08:58

キャロットケーキ

e0171976_1444339.jpg


にんじんケーキ

前に一緒にキッチンをやっていた、Ryokoさん作。

上のにんじんは(生にんじん+パセリ) 。ちょっとしたことだけど、、
かわいい!

アメリカに行くと、このキャロットケーキ、よくお菓子屋さんでも見かけます。
生のにんじんをすりおろして、上にはチーズのフロスティングがかかっていたり。
にんじん嫌いの子供でも、ペロリと食べれちゃう。


今までになくおいしくできたそうなので、今度レシピを聞いてみよーっと!
[PR]
# by taelalala | 2010-01-09 11:03 | Everyday 毎日のこと

e0171976_143474.jpg

クリスマスももう来週ですね。今日は神戸はむちゃくちゃ寒いです!!
今日はこの間作った、チキンロールを。

マーサ・スチュワートの”Food Everyday"の中で見つけて以来、
いつか作ってみようと思っていたレシピ。↑写真上

中に赤いパプリカと、ほうれん草を包んでオーブンで焼くだけ。中にはチーズのペーストが
入っていて、味もしっかりします。

ディナーで出したら大好評でした!

e0171976_144594.jpg

↑作り方のページ。アメリカは単位が違うので、しばらくレシピ解読に首っ引き。オーブンぺーパーの宣伝ですね<^^

↓こういう感じに仕上がりました。
e0171976_1455777.jpg


【レシピ】

鶏の胸肉 4枚
ほうれん草 一束
赤パプリカ 1/2個

チーズ(パルメザン、チェダーなどハード系のチーズ)1カップ
リコッタチーズ1カップ
卵黄 一個
にんにく  1片


1、鶏の胸肉にしっかり塩コショウをしておく。厚みがある場合は、観音開きで薄くひらいておく

2、卵黄、チーズ、にんにくをフードプロセッサーにかけるか、
みじん切りにして混ぜ合わせる。

3、パプリカは塩とオリーブオイルを振って、ホイルに包んでオーブントースターで焼く。

4、ほうれん草は軽く下ゆでして、水気をきっておく。もしくは電子レンジで1分ほど加熱する。

5、鶏の胸肉にほうれん草、パプリカ、チーズのペーストを広げる。(写真2枚目参考)

6、端からくるくると丸めていき、
ようじでとめる。

7、フライパンに油をひき、軽く焼き目をつける。

8、焼きあがったら、オーブンペーパーで包むか、ホイルに包んで、180℃のオーブンで20分~30分
焼く。

9、上から串を刺してみて、しっかり火が通っていれば、完成。

切り分けて、お好みでパスタを添える。

※焼きたてよりも一度しっかりさましてからの方が切りやすいですよ。

※付け合せには、オリーブオイルをからめただけのあっさりとしたパスタなど◎


☆洋書のレシピは、イメージ写真がきれいなので、作る前にすごくわくわくする。
いざ作ってみると、”なんだ、これか。。”みたいなことも多いのだけど、
それでも単位を換算して、材料を辞書で引き、英語を読みながら作っていくのは
楽しい。
日本にはない材料が出てきたら、なるべく近いものでさがして代用!
(今回も、チーズはよく名前のわからないチーズがもともとのレシピでした。)
※Fontina Cheese<フォンティナ チーズというハード系のチーズだそうです>

高校生の頃、カナダのホームステイから帰ってきて、どうしてもアメリカで食べたクッキーと同じ味が
食べたくて、何度も再現しようとして何冊もレシピを解読して挑戦したけど、
その味が出せなかったことを思い出す。

今回のは味がしっかりチーズにあるので、一品料理にしておつまみにだすとけっこういける。
オーブンで焼くので、胸肉独特のぱさつき加減もいくぶんましになると思いますよ**

夏だったら、採りたてのバジルをいれて焼いても、おいしそう。
[PR]
# by taelalala | 2009-12-19 14:28