↓CLICK!
e0171976_1431877.jpg


3月2日(火)11:00~、ハンプトンファーム(三ノ宮)で
アロマの先生とコラボで、恒例のハーブレッスンをやります。

ルームフレグランスを実際に作ってみて、
アロマの香りについて先生にお話していただいて、
その後、お腹がすいた頃に・・今度はハーブをたっぷりと取り入れた
ランチプレートを皆さんで召し上がっていただきます。
(もちろん、レシピ、ワンポイントの実演付き!)

ハーブのことって、知りたくてもどこに聞いたらわからない・・って声をよく聞き、
はじめたこのハーブ講座。
今回はアロマも加わって、さらに”香り”や、ハーブの持つ効能についても知れるよいきっかけになるはず。

大体5~6名で和気あいあいとやってますので、もし興味がある方はお問い合わせくださいね~。


Kitchen Tae
[PR]
by taelalala | 2010-02-21 14:11 | Event イベントのお知らせ

e0171976_23533929.jpg

今年は、バレンタインみなさんどんなのあげましたか〜??
私は、今年、ひたすらチョコチップクッキーを大量に焼きました!

姉の”会社で配る用”を引き受けて、いろいろと構想 は膨らんだものの。。
 結局一番好きな(+作りやすい)アメリカンクッキーに落ち着きました。 
お店には、使わなくなったチョコチップ大量 が残っていたので
こっそり拝借。 、(ちゃんとchefの了解はとってますよ!) 豪快に使わせてもらいました。

クッキーって、生地は作るの簡単なんだけど、一度休ませるものが多い。
このクッキーは短時間でできて、生地も休ませる必要なし。
型抜きもスプーンでぼとぼと落とすだけの アメリカンクッキーは 昔からのお気に入りです。 

e0171976_042675.jpg


Recipe ピーナッツバタークッキー  約40個分
ブラウンシュガー.....100g
グラニュー糖..........80g
塩.......................ひとつまみ

e0171976_05625100.jpg
バター..................175g(お好みでショートニングに変えてもよい→さっくりとします)
ピーナッツバター.....175g(できれば無糖のもので。クランチorスムースかはお好みで!)


卵...................... 2個

薄力粉.................220g
ベーキングパウダー...小さじ1

チョコレートチップ......150g
お好みで、ピーナッツ...100g(写真のは入れてません)

□バターは室温で柔らかくする□粉類をふるっておく□オーブンは160℃に予熱しておく
1、ボウルにバター、ブラウンシュガー、グラニュー糖を入れて、ビーター(泡立器)でしっかりとクリーム状に
なるまで混ぜる
2、ときほぐした卵を少しづつ加える
3、ピーナッツバターをいれ、なじませる
4、粉類、牛乳を加えてさっくりときるように混ぜる
5、粉が少し見える状態で、ピーナッツバターを加えてさらに混ぜる
6、スプーンですくって天板に落とし、上からフォークの背でつぶす。160℃のオーブンで15分ほど焼く
 
☆こんなにピーナッツバターが入っていいの?!と思うくらい、リッチな配合のレシピ。
焼き上がりは、しっとり柔らか。しばらく鉄板において、冷めてから網の上に移します。

<OMAKE>

 e0171976_23541279.jpg
またまた登場!アルバイトファミリーのあややが作ってきてくれた”Mr&Miss Cookies"
「焼きすぎて顔ぶつぶつしてます」 だそうです。。。


お店のランチの常連さんがくれた”逆チョコ”!
Morto Cuoreってお菓子屋さんのチョコレート。車の箱がかわいい。 e0171976_0422238.jpg

 e0171976_031811.jpg中はこんな感じ。
 
バレンタインって 年々女の子→男の子って感じではなくなってきているようす。
 洋菓子業界は年々不況の影響もあって、売れる量も減ってきているものの。。それでも、
やっぱりチョコレート。もらうと顔がほころんじゃう。
女性もこの時期だけは手づくりする!!って人も多いのでは?? 
男子は意外と、”生チョコ””トリフ”が苦手な人が多いと聞いて、今回はクッキーにしてみました。
ま、でもやっぱり何でもいいからとにかく欲しいものだそうです。(うちのお店の男子 談)
 
[PR]
by taelalala | 2010-02-17 01:01

e0171976_133462.jpg


バレンタインまで、あと5日ほど。
昨日はお店の定休日を使って、いろいろ試作してみました。
クロワッサン、クッキー、カップケーキにフィナンシェ。。全身甘い匂いです。
 その中でも好評なのがこれ。チョコレートカップケーキ
カップケーキのよい所は、思いついたらすぐに出来上がること。
だいたい1時間くらいでカップケーキまで焼き上がります。
上のファッジクリームは、お好みで♪

 【レシピ】

(カップケーキ約 20個分)

無塩バター ...225g
小麦粉 ...225g
ココア(無糖).....60g
ブラウンシュガー... 125g
グラニュー糖 ...75g
チョコレートチップ... 200g
全卵...................4個
 ベーキングパウダー......大さじ2

(チョコファッジクリーム〜上の飾り)
お好みのチョコレート(板チョコでも可!).....100g
無塩バター(常温)又はショートニング....... 50g 
水あめ ................大さじ2

□バターは常温に戻しておく
□小麦粉とベーキングパウダー、ココアは一緒にあわせて振るっておく
□オーブンは、180度 に余熱しておく

1、バターを泡立器でしっかりと練る。
(ポマード状になるまで)

2、砂糖(2種類)を合わせて少しづつ加えて、だまにならないよう、
しっかり練る

3、卵を別の入れ物でとき、1/3づつ加えていく。しっかりと混ぜる

4、振るっておいた小麦粉とココアを
加えていく。ゴムベラで、ボールの端からすくいとっていくように生地を混ぜます。
※一気に加えます。

5、マフィン型に8分目位まで生地を
いれる

6、180度のオーブンで、20分ほど焼く。焼けたら金網の上でさましておく

こういう風に、カップに柄が入ったものだと、なおかわいいですよね〜
e0171976_13301587.jpg


 <チョコファッジクリーム>

1、バターを常温に戻し、練っておく。
2、チョコレートを湯煎にかけて、溶かす。
3、火から下ろし、バターにチョコレートを大さじ1ほど入れて、混ぜ、
2つを合わせる。
4、最後に甘みを水あめでつける。あら熱をある程度とって、
冷めたカップケーキの上にのせる。

 
  
e0171976_1332466.jpgこの本、本当に500種類の
カップケーキのレシピが載ってます!今回のレシピは、この中から。
アメリカ版なので、 少しお砂糖は減らしています。
注!日本語版も最近発売になっています



こういうイメージ↓
e0171976_134552.jpg
写真を眺めるだけでも楽しい。キッズ向けのカップケーキ↓
e0171976_1342353.jpg

[PR]
by taelalala | 2010-02-09 13:32

e0171976_19553644.jpg

  
 ココのところお休みが多くて、ブログのネタはいろいろあるのですが、
なかなか更新できてません〜。

今日は、料理家の田中愛子先生のところで教わった”ハイジの白パン風 ハーブパン”を紹介します! 

☆recipe~ レシピ~

 強力粉  225g
 ドライイースト 4g
砂糖  12g
塩    4g
スキムミルク 12g
バター 8g
水(ぬるま湯)   150g

ドライ、又は生のハーブを刻んだもの 大さじ1
※タイム、ローズマリーがおすすめ。

☆作り方
1、ボウルに強力粉、砂糖、塩などを全て入れて混ぜ合わせておく

2、ぬるま湯にドライイーストを入れて約1分かき混ぜる

3、1の粉類に2のドライイーストとぬるま湯を入れて、しっかり混ぜ合わせる

4、粉気がなくなるまでこねたら、打ち粉(強力粉)を振った台の上にだし、バターを加えて、
表面がつるっとするまでしっかりとこねる※10〜15分ほどでだいたいこの状態に

5 、ボウルに入れて、しかkりラップをして一時発酵※ 約20分〜30分ほど
(オーブンの”発酵”モード。もしくは発泡スチロールに
40度、お風呂よりやや熱めのお湯をはって、密閉しておく) 

6、生地が二倍の大きさになったら、ガス抜きをして、6等分に分けて
(だいたいひとつが50g)ベンチタイム(生地をしっかり休ませる)10分ほど

e0171976_20222348.jpg二次発酵前のパン


7、成形しなおして、 鉄板の上に並べ直し、ラップをして二次発酵へ(ここでも発酵モード) 10分ほど

8、上から強力粉を茶こしで降って、190度に予熱したオーブンで12〜15分焼く

出来上がり!↓断面図です
 
e0171976_1956459.jpg
 

□このパン、料理教室に行くと、必ずと言っていいほどテーブに並び、販売もされている
教室きっての大人気パンなのですが、今日はそれに少しハーブを入れたり、
アレンジしました。ハーブはもちろんフレッシュを刻んでもいいですが、
ドライの方が香りも出て、安定するので作りやすいかもしれません。
 
シンプルな生地なので、
●ドライバジル+オリーブ
●ローズマリー+くるみ
など、組み合わせてもおいしいかもしれません

*今回のレシピは 、田中愛子先生の 料理教室リスタで使用しているものです。
無断使用はご遠慮くださいね。
[PR]
by taelalala | 2010-02-04 20:31