京都のカフェ・コチのこと


e0171976_234263.jpg

@cafe Kocsi,Kyoto  crêpe caramel et café



先日、久しぶりに京都まで駆け足で行ってきました。
京都は、もともと私が「関西に住みたい!」と想うきっかけになった場所。

はじめて「カフェ」ってものに出会ったスタート地点の場所でもあります。

私が関西に来たての頃、今思えばちょうどカフェブームの始まりだったのかな。

京都の街には、数メートルおきではないかと思うほど、たくさんの喫茶店があるなあ、と
思ったのを覚えています。


その中でも、今でも大好きなカフェがここ。
CAFE KOCSI。

e0171976_22345663.jpg

@cafe Kocsi,Kyoto

その昔、通っていたフランス菓子教室で出会った
同じ歳の”はるちん”がカフェスタッフとして働く場所でもあります。

であったときはお互い10代で、性格もまーったく違うけれど、
お菓子教室が終わった後のおしゃべりで、なんとなく意気投合。
その後、私が転々と住まいを変える中で、大阪、フランス、城之崎・・と
いろんなところに遊びに来てくれました。


そして、このKOSCIのオーナーのつぼさん。

先日カフェの専門誌、柴田書店のCAFE SWEETSにインタビューが掲載されました。

e0171976_2247081.jpg




「フランスに行って衝撃的だったのが、カフェがちっともおしゃれじゃなかったこと」

。。うんうん、わかりますよ(笑)


25歳で念願のお店を開いたつぼさん。

カフェブームにのって、お店は雑誌のカフェグランプリを受賞。

一時期は階段まで行列ができるほどだったのだけど、
自分のやりたいお店のスタイルをもう一度探しに、
オープンして5年目のときにフランスに飛び立ったオーナーさん。

たまたま私がパリに行っていた時期と重なり、向こうでちょっとだけお会いする機会もありました。
あまりのつぼさんのパンの技術の高さに、逆にフランス人に驚かれたとか。


「本来やりたかったのは、駄菓子屋のおっさんなんですよ」

久しぶりに会ったつぼさんは、自分のインタビューがすでに出版されていることも知らず(笑)
だけど、いつもより笑顔が明るくて、楽しそうでした。




・・肩肘はらずに、あくまでも自分のスタイルを貫くこと。

それって意外と難しかったり、いつも正しいとは限らない。

だけど、なにかを「続ける」上では大切なことかもね。



そんなオーナーさんの営むKosciは、もうすぐ12年目を迎えます。


------------------------------------------------------------------------------------

カフェ コチ (CAFE KOCSI)



住所 京都府京都市中京区福長町123 横瀬ビル 2F

交通手段 地下鉄烏丸線 「御池」 徒歩7~8分
地下鉄東西線 「市役所前」 徒歩10分
京都市役所前駅から358m

営業時間 12:00~22:30(L.O.)
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

定休日 木曜・第3水曜
[PR]
by taelalala | 2012-01-06 23:16