玉ねぎのはなし

e0171976_757593.jpg

玉ねぎって、ほんと、すごい。

(ほとんど)どんな料理でもあうし、

煮込んでも、生でも、
どんな食べ方もできる。

野菜の中の、万能選手。
オールマイティー。
縁の下の力持ち的野菜。

あ、だから私好きなのかも。

目指せ。玉ねぎ的人間(笑)

*  *  *  *  *

今日は、”おっこ食堂”さんというところで、
「野菜の重ね煮」の料理教室に行ってきました。

「重ね煮」っていうのは、野菜を陰陽の性質や、
それぞれのお野菜や素材の性質を生かして、重ねて行って、
ほんの少しのお塩だけで、じっくり蒸し煮していくやりかた。

その中で、今日は玉ねぎがありました。

玉ねぎの、一番下の根っこが生えてくる部分の”おへそ”のようなところ。

ここは、職場の調理場では「固い」ので、いつも捨ててしまうか、
集めておいて、スープを回す時に一緒に炊いてしまいます。

・・おっこさんのところでは、ここは捨てません。

一番玉ねぎで大事なエネルギーが集まっている、
人間でいうと”丹田”、
「薬」にも匹敵する効果があるものとして、大事に大事にされています。

そっか。確かに根っこをつけたままの玉ねぎは腐らないけど、
おへそを落とした玉ねぎは、すぐ腐ってしまう。



小さく切ったり、そのままだったり、重ね煮に加えられます。



・・考え方次第で、ゴミにも、大切な「薬」にもなる。



そっか、お野菜、わたしちゃんと見てなかったな。

よくよく見たら、ここ、すごい大事なところだ。



ちょっとした、気づきを教えてくれました。


*   *   *    *   *

e0171976_7582396.jpg

そして、こちらは先日までエンタスさんにて個展を行っていた
Tadashi Kitamuraこと、キタムンさんの描いた玉ねぎ。

虹色の色合いと、玉ねぎの形のかわいさに惹かれて、

ず~っと眺めていたら、、

なんと、私の大事な大事な、前のお店から応援してくれている
人が、プレゼントしてくれました。

「引越し祝い、まだわたしとらんかったから」

・・なんて、粋な贈り物!


キタムンさんの個展で売ったクッキーは、ラベンダー
と、チョコミントの二種類。

「優しい味がする。」といろんな方に好評でした。


また、ご本人さんがいろいろと気を遣ってくださって、
それが何より勉強させてもらいました◎


*     *     *     *

地味でも、じわじわ~っと、重ね煮のようにうまみをだして、
玉ねぎのように縁の下の力持ち的存在。。

そういう風になれたらな!
って思いました。


終わり
[PR]
by taelalala | 2011-08-05 08:01 | Everyday 毎日のこと