タイムでハーブクラッカー



e0171976_22435842.jpg





さて、しばらくなぜかネパールの写真が続いていましたが。
行ったのは私ではないですので、あしからず。

今日は鳥かごキッチン
用のお菓子(べじおやつ)の試作で、ハーブクラッカーを焼きました。

全粒粉、ベーキングパウダー、オートミール、自然塩、
オイル、てんさいとうシロップ。そしてもちろん積み立てのハーブ


e0171976_2244863.jpg

(今回は、タイムとドライバジル)。
just これだけ!


私が住んでいるアパートには、小さい小さい、本当に猫の額ほどのベランダがついています。
そこで数種類のハーブを植えているんですが、これが、夏になったらよく育つ、育つ!!


もうすぐ父の日だし、男性でも食べられる、ちょっとしょっぱめのクラッカー風なのが作りたいなーと思い立ち、作ってみました。

甘さをもう少し控えめにしたら理想どおり、かな!

**************************************


さてこの鳥かごキッチン、6月12日(土)には”インテリア風水”のワークショップ
6月13日にはポーポーやさん(沖縄料理)の中東ゆうこ先生による
料理教室「梅の手仕事&梅料理」
無農薬の南高青梅を使った、梅の手仕事。
仕込んで、待って、料理して。日本のスローフードを味わえるイベントです。

まだ席は空いているそうなので、ぜひお問い合わせくださいね。

鳥かごキッチンのブログ


**************************************

そして、今日見つけたコラム"the kids are all right, but how about elderly?"

(先月ニューヨークでレッスンを受けたNatural Gourmet Instituteのコラムより)


一人暮らしの70代の母親の元にたずねていったら、かつてはマクロビオティックなど、健康的な食生活に慣れ親しんでいた母親が、年をとるごとに冷蔵庫の中身がどんどん冷凍食品ばかりになっていったことに気がつきあぜんとした・・といった内容です。

たしかに、子ども向けの食育って、前よりかはさかんになってきている気がするんですけど
大人の”食育”ってどうなんでしょう?

クッキングクラスをやることかも!でも、何かいいアイデア知ってる?ってこのコラムの筆者さんは言っていますが。
日本でもこういうことに似た現象はあると思うんですが。
何か試みをしている自治体などあるのでしょうか?
思わず、考えさせられました。
[PR]
by taelalala | 2010-06-10 23:12